QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
浅井基文氏はご自身の運営サイトのコラム欄でよく「他者感覚」の必要性を強調され、われわれ日本人には一般的にこの性質が著しく欠けているのではないかと問題提起をされているが、最新の「客観的基準に基づいて朝鮮を見よう -世論の力で日本の対朝鮮政策の変化を促すために-」という記事も同様のことを少し角度を変えて言っておられるように思う。何かの事件や問題事が発生すると一方的に徹底的に相手を非難・罵倒して終りにするのではなく、一度自分を相手の立場に置いてみて、そのとき自分(たち)だったらはたしてどのように行動していただろうか、と想像力を働かせて丁寧に深く考えてみることの大切さを言っておられるわけである。そして正確な解答を求めて存分に考えるためには、事実をよく知り、その事実を「客観的基準に基づい」た上で判断しようと努めなければ話にならないだろう。こういう欠如の傾向は特に北朝鮮に関して甚だしい程度で指摘できることは誰でも認めないわけにはいかないだろうと思う。

そもそもなぜ北朝鮮が核兵器の開発に乗り出す途を選択したのかということについて日本政府関係者はもちろんだが、日本のマスメディアにしても真剣な態度で追及に乗り出している姿を私は見たことがないように思う。と、他人事のようにそういう私にしても、北朝鮮が長年そんなにまで米国の核攻撃の脅威に曝されていたとはほんの10年前までまったく知らなかった。知ろうという気を起こしたこともなかったように思う。ではどのように見ていたのかというと、漠然とながら、とんでもなくヘンな国の独裁的指導者が他国の不安も顧みず好き勝手なことをやっている、とでも思っていたのかも知れない。そもそも私は、2000年にピョンヤンで南北朝鮮の金大中・金正日首脳会談が行われてその肉声を聞くまで金正日という人物は少し頭の弱い人であり、父親の金日成主席が親馬鹿心理で息子を最高指導者の地位に就けたのだくらいに思っていた。なぜそう思っていたかというと、そういう声がどこからともなくいくつもいくつも聞えてきていたからである。朝鮮戦争の過程で米国が核兵器の使用を検討したことを知らなかったというわけでもなかったのだから、今思うと完全な思考停止状態だったことが明らかで恥ずかしいことだと思う。

上記の浅井氏の指摘と同様のことを北朝鮮の問題(特に核開発問題)に関して唱える人は少なくない。数年前に亡くなられた韓国の李泳禧氏もその一人である。何年か前に「朝鮮半島の新ミレニアム 分断時代の神話を超えて」(社会評論社2000年)という本を読んで大変説得的だと思ったが、その主な理由は具体的な事実を挙げ、それに沿って議論を展開しているからにちがいないと思われる。この本から北朝鮮の核問題について考えたり論じたりするに際してどうしても知っておくべきだと思われる箇所を選んで下記に引用しておきたい。


 ダブルスタンダードを排し、相手の立場になって考える精神をもとう
 例えば、過去何十年もの間、韓国は米国とチームスピリット訓練をしてきました。その度に北朝鮮では、農民や労働者たちに銃を持たせ、その銃を持って防空壕に入り、海岸歩哨に立ち、工場生産を中断し、農村・漁村・鉱山における作業を中断して全国民が戦闘態勢に入ったのです。国家機能が一時停止する重大事態が繰り広げられました。にもかかわらず米国とわが国は常に、チームスピリット訓練とは攻撃訓練でなく「防衛演習」だ、訓練にすぎない、防衛的訓練なのにお前たちは何をそんなに大騒ぎして、われわれのチームスピリット訓練を罵倒し非難するのかと、むしろ北朝鮮側を罵倒してきました。
 ところでわれわれは、チームスピリット訓練というものが、いかなる性格と目的の訓練であるかについて知る必要があります。少なくとも1972年以降は、またそれ以前であっても、世界で最も大きな軍事ブロックである、米国が主導する北大西洋同盟(NATO)集団と、ソ連を筆頭とする共産国家集団(すなわちワルシャワ条約)間ですらも、朝鮮半島でしているような、すなわちチームスピリット訓練のような超大型・高強度軍事訓練はほとんどありません。ましてや1975年以降は、全くありません。1972年に、ワルシャワ同盟とNATO西側諸国との間に「ヘルシンキ協定」という東西和解・平和体制が推進されました。(略)それ以前からチームスピリットのような途方もない訓練はありませんでしたが、特に1972年以後には、世界地球上のどこにも、チームスピリットのような超大型規模の核攻撃型軍事訓練はありません。
これがどれほど大きな規模かというと、毎年米国の核攻撃空母2隻と、その2隻を中心とした多方向探知・発射核武装艦艇が、大体20隻から25隻動員されます。核兵器を供えた核爆撃機も加わって、北朝鮮の東西海岸周辺と停戦ライン上空を、絶えず飛行します。そして地上で20万、多い時には27万の韓・米両国軍が模擬核戦争を展開します。これが一日二日ではなくて何日も何昼夜も「防御訓練」という名目の下に、核爆撃機が北朝鮮の停戦ライン上を飛び回り、20余万名の兵力が20余隻の強力な海軍の掩護の下、停戦ラインの間近で上陸作戦訓練を続けます。北朝鮮の立場で見れば、20万の大兵力が自分たちの鼻先で上陸作戦を展開し、射撃し、急降下を行い、模擬核爆弾投下演習をするということなのです。途方もない訓練です。米国と韓国はこのような超大型規模の恐るべき核武装軍事訓練を「防禦訓練」だとか「演習」だとか言ってきたのです。
(略)武器には、戦車であれ戦闘機であれ、攻撃用と防御用を別に設計して別に作るというような方式はないのです。命令が変われば、攻撃用になったり防御用になったりするのです。また本当のところは、攻撃をするために防禦式の演習をするだけであって、実際の目的は北朝鮮に対する攻撃のためのものですね。だからこそ北朝鮮が、世界最強のこの軍事訓練が始まると蒼くなって国家機能までをも一時停止したのですが、すると、「われわれは防禦演習をしているだけなのに、お前たちは何でそんなに騒ぐのだ?」と、北朝鮮を非難してきたのです。
 北朝鮮側の反応の意味を理解するためには、相手の立場に立ってみる知恵と理性的な姿勢が必要です。もしソ連の極東軍事基地ウラジオストクにある強大な極東艦隊と東シペリアの陸軍が、北朝鮮人民軍20万と協力して、ソ連の核空母を停戦ラインのすぐ北側の東・西海沖合いに並べ、25隻の各種艦艇に核兵器を積載して、核爆撃用のベアー爆撃機編隊が停戦ライン上空と東・西海上空を行ったり来たりすると想像してみましょう。強大な東シペリアのソ連陸軍と北朝鮮人民軍、そして中共軍まで合わせた25万が、「防禦演習」と称して停戦ラインのすぐ北側で一ヵ月間上陸作戦訓練をし、核爆撃演習をすると考えてみてください。一日二日ではなく何週間もすることを想像してみてください。
 そうなれば、われわれは果してどう考え、どう反応するでしょうか? 韓国政府と軍部は、果して「ああ! ソ連と北朝鮮は防禦演習をしているのだなあ……。『防禦演習』だと言っているのだから、構わないだろう」と言うでしょうか? 宣伝手段を総動員して「北朝鮮の侵略者たち、またしても侵略準備!」だとか「国家総非常事態」だとか、北朝鮮糾弾国民決起大会開催だとか……そんな騒ぎになるでしょう。そんなことはないと言えるだけの分別がわれわれにあるでしょうか? 言い換えると、相手の行動を非難しようとするとき、自分がそう行動したら相手はどう考えるかを考えてみる「自分の客体化」の理性的思考力と知恵がなければなりません。そうすれば問題の原因はわれわれ白身(米国と韓国)にあるという事実に気づくはずであり、北朝鮮の行動の大部分が異なって見えるはずです。韓国の行動を非難する北朝鮮の理由も納得できるでしょう。」(初出:「全教組教師のための講演」1998年)

毎年毎年、こんな強力な軍事演習をすぐ目の前でやられていたのなら、この件だけでも北朝鮮が国を挙げて疑心暗鬼を超えた核攻撃恐怖症に罹らなかったとしたらそのほうが不思議なことのように私には思える。この「チームスピリット」という名の演習は今年もまたすぐ始まるのではないのだろうか?
スポンサーサイト
2013.02.27 Wed l 社会・政治一般 l コメント (4) トラックバック (0) l top
ブログ「kojitakenの日記」の「北朝鮮が核実験を断行」という記事はコメント欄もふくめて「いくら何んでもこれはひどすぎるだろう。」とちょっと唖然とさせられるものであった。どういうつもりでこういうものを書かれたのだろうか。内容は「北朝鮮が核実験を断行した。これには弁護の余地は全くない。」「ただ、この件はますます安倍晋三を勢いづけるだろうなとは思う。」ということにつきるといえばいえるのだろうが、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)が断行した核実験の原因や思惑、1月22日に採択された安保理決議2087の是非、今回の核実験が今後北東アジアの平和と安定におよぼす影響などについての考察や憂慮などの諸問題とはまるで無縁としか感じられなかった。このように感じたのは、この前に私が浅井基文氏のコラム「朝鮮の第3回核実験問題と中朝関係」、「朝鮮の核問題:まだ失われていない可能性」などを読んで事態の深刻さと複雑さをつよく感じていたせいもあるかと思うのだが、それはともかくこの記事の性質を象徴するのは次の文章だろう。

「そういえばふと思ったのだけれど、ネトウヨ諸賢の言ういわゆる「特亜三国」のうち、諸賢の悪口の声が最も小さいのは北朝鮮に対してではなかろうか。最近はターゲットの中心は中国だが、少し前までは韓国だった。日本の右翼をせっせと助けてくれる北朝鮮に対しては、彼らもどことなく親近感(笑)を抱いているのではないかと邪推する今日この頃である。」

この箇所にはコメント欄がかなり盛り上がっていたが、読んでいるうち正直にいってこのエントリーの場もブログ主が蔑んでいう「ネトウヨ諸賢」のうちの一集団ではないのかと錯覚しそうになった。「ネトウヨ諸賢」のうち、「いわゆる「特亜三国」」のなかで北朝鮮に対して特に強烈な嫌悪感をもった人々が集まって好き放題にしゃべっているといった印象をうけたのである。これを見て、南北朝鮮の軍事的衝突(というより、日米韓による北朝鮮への軍事攻撃といったほうが正確だろうと思う)を常日頃から警戒しつづけていることがそのブログ記事によって明らかなZED氏が「蔑視・差別感情を丸出しにして悦に入」っているときびしく批判するのは無理からぬことだろう。

「北朝鮮が核実験を断行」の記事は13日付だったが、翌14日はその続編といってもよさそうな「"kokuminshudou"よ、中国に行け(笑)」がアップされていた。「「ネトウヨに愛される北朝鮮」と「ネオリベに愛される(かもしれない)中国」は好一対かもしれない。」という末尾の言葉はこれもまた「「蔑視・差別感情を丸出しにし」た何ともいえずひどいものだと思うが、注目すべきは、その翌日の15日(つまり今日)の記事である。これは「辻元清美曰く「小沢一郎に政策の理念があったかどうか疑問」」というタイトルの、内容も上記2つの記事とはうってかわってごく普通の論調で書かれている。あるいはZED氏の批判記事を読んで、特に、これは私もまったく知らなかったのだが、米国も北朝鮮と同時期に核実験をやったということを知らされて態度を変えたものか、それとも、北朝鮮や中国のようなもともと異様な国の問題を扱うのとちがって本来は健全であるはずのわが日本の政治状況を扱うのだから厳粛(?)な態度で、とでも思ったものか、はたまた全然別の理由によるものかは分からないが、ごく当たり前のこの記事を読んだことによって13-14、両日の文章の特異さがますます際立ってくるように感じられたことは否めない。

2013.02.15 Fri l 社会・政治一般 l コメント (2) トラックバック (0) l top
2月3日の予約投稿にしていたことをすっかり忘れてしまっていました。自分で設定していながら2月10日ころのはずと勝手に思い込んでいて、さて続きを書かなければとつい今しがた管理画面を開いたところ、すでに「公開」になっているのにビックリ仰天。 そういえば、以前にも同じことがあったような記憶が…。アァ…。大急ぎでタイトルを付け、文章も大慌てでしどろもどろながらなんとかかんとか恰好を整えましたが、ともかくすでに読んでくださった方にはまったく申しわけないことをしてしまいました。何卒ご容赦ください。(2月4日17時)

   …………………………………………………………………………

このところシリアにつづいてマリ、アルジェリアなど、アフリカの事件情報に触れることが多いわけだが、その際いわばこれらの事件の原点として2011年のリビアの出来事(カダフィ惨殺もふくむ)に言及されることが多い。しかしそれもごく断片的なもので、本当にこちらが知りたいと思うことは一体どうなっているのか一切分からない。切に知りたいのは、NATO空軍の2万回越という出動、3000回に近かったという爆弾投下により破壊されたリビアの街々や村々が現在どういう状態になっているのか、また650万人というリビアの一般の人々は現在どんな生活を営んでいるのか、経済状態や子どもたちの学校生活はどうなっているのか、カダフィ時代と比べて現在のほうが暮らしやすいのか、それともそうではないのか、ということなのだが、それらについての情報はまったく耳にも目にも入ってこない。数日前、あらためてリビアについてネット検索してみたところ、2004年11月8日から24日までの17日間にわたってリビアにパック旅行(参加者10数人)をしたという人のブログに行き当たった。一般の日本人による「リビア体験記」ともいうべきこういう記事はじつは大変珍しいのではないだろうか。しかも内容豊富、とても興味深く読むことができた。取り上げて紹介しておきたい。

リビア旅日記一覧

日付を見れば分かるように、計12本の記事のうち、8本は2008年にアップされていて、こちらは純然たるリビア旅行記である。リビアという国について私は2011年までほとんど何も知らなかったのだが、また今もそのころとさほど変わりはないかも知れないのだが、この旅行記を読んでみると、リビアは国土の8割が砂漠だというが、それにしてはカダフィ時代のリビアは見事なローマ遺跡の景観もふくめて観光地としてもなかなかに魅力的な国だったことが感じられる。この側面についてはいろんな種類の写真が豊富に掲載された当該ブログを実際に見ていただくとして、今日ここで取り上げたいのは、2011年リビアがNATO軍の猛攻撃によって一挙に世界の注目の的にさせられた際にアップされた4本の記事についてである。最初のものは2011年2月22日の「砂漠の狂犬・・・なのか。」と題された記事だが、「リビアが大変なことになっている。」という書き出しからして、騒乱のリビア情報に突然接したブログ主の、予想外のニュース、思いがけない情報に接したという驚きが感じられる。


「リビアが大変なことになっている。あのカダフィ政権が倒されるのも時間の問題だが、それまでにはたくさんの血が流されそうだ。(略)何時の頃からか観光事業にも力を注いでいるようで、今ではパックツアーなら簡単に行ける様になった。」/「あまり知られていないが、リビアは観光的には非常に魅力的な国だ。地中海に面した風光明媚な海岸線には、巨大なローマ遺跡が非常に良い保存状態で点在する。その規模は対岸のヨーロッパの比ではない。国土の大半を占めるサハラ砂漠は人類の文化を寄せ付けないが、それとて観光となれば魅力的だ。ガダメスなど、古くて美しい町もある。」/「テロ支援国家の汚名を返上した直後のリビアだったので「悪の枢軸」的イメージのまま、リビアに行ったことは確かだった。ところが、その「中東の狂犬」カダフィが仕切るリビアは意外なほど・・・ていうか日本より治安が良い。国民は裕福とは言えないが、餓死しそうなヒトとか乞食は見当たらない。インフラはよく整備されていて、17日間の旅行の間、不愉快なことは無かった・・・・妙に「カダフィ万歳」的なスルーガイド以外は。」/「いろんな国を団体や個人で旅行したが、リビアほど不満が無かった国はないかも。それはホテルの設備とか食事の質とかいう低俗なモノではなく、観光客に対するホスピタリティというか「本根」というか。もちろん、観光に携わるスタッフの経験度は低いので、一般的には「なってないサービス」と感じる方がほとんどだと思うのだが、私には不器用な中に「砂漠の民の粋」を感じた。」/「当然、リビアがカダフィによる独裁政権下に置かれていることは知っていたが「皆、幸せそうだし、これでいいんじゃない」って思ったまま帰国した。その後、こんな事態になるまで「カダフィって悪いヤツじゃないじゃん。偉い独裁者かもね」なんて本気で思っていたのだが、やっぱり国民の不満は当時から燻り続けていたってことか。」

思わず記事のほとんど全部を引用させてもらうことになってしまったが、末尾の「やっぱり国民の不満は当時から燻り続けていたってことか。」という一節をみると、2011年2月というこの時点では、「一般市民の平和的なデモ隊に向かって政権側が銃を向けてやみくもに弾圧し、殺戮している」という一方的な報道記事の氾濫のなかで、ブログ主もリビア社会では一般市民のカダフィ独裁体制への不満がうず高く蓄積していたのか、そしてそれが今回一気に爆発したのかと半信半疑ながらも考えていたことが分かる。

このときから8ケ月後の10月末、血まみれにされたカダフィが見るも無惨に殺害された後、こちらのブログでは、「カダフィのリビア」「カダフィのリビア 2」「カダフィのリビア 3」の3本の記事が書かれているが、「リビアとカダフィについて、ちょっと語りたい。」という気軽い書き出しで始まるこの3本の記事は2008年掲載の「旅行記」のあらためての確認作業のような内容になっている。いったいリビアはどんな国なのか? そして独裁者カダフィとはどういう人間なのか? というブログ主の問題意識と無惨なリビア破壊への抗議の意図がこめられているように思われる。ガイドの男性は大変なカダフィ心酔者だったらしく、ブログ主はこんなふうに書いている。

「ヤツの話だと、リビアでは教育・医療はタダ同然。住居も超格安で提供され、食費も安い。最低限の生活が保障されているから乞食はいないにし治安も良い。50歳で定年となるが、その後もそれまでの給与の70%だったかな?が保障される・・・などなど。もう理想的国家を実現しているかのようだった。/私など、最初の半日で「なんだ、カダフィの宣伝マンかよ」と見抜いた気分になったが、実際に治安は日本並み?それ以上?? 乞食(ものもらい)には1回も遭遇しなかった。都会では交通マナーも良い。旅の後半では「ガイドが言うことは半分本当かも・・・」と思う様になった。」

また、カダフィの有名な「サハラ大河川計画」についても触れられている。

「サハラの地下にある大量の水を直径4mものパイプラインで各地に運び、砂漠を緑地化し、かつ湾岸地域の水不足を解消しようという壮大な「サハラ人工河川計画」。将来、石油が枯渇した場合に備え、農作物を完全自給出来る様に考えた・・・という。2004年の時点で70%が完成し、3年後には完成予定ということだったが、現在はどうなっているのだろうか? /この工事には天文学的な金が掛かり、完成してもそれに見合う効果が疑われている。しかし、現実にはトリポリやベンガジ等の大都市には、既に人工河川の水が導かれ、市内は緑豊かな美しい景観が保たれているし、農地化された砂漠で収穫された野菜のお陰で、食事には黙っていても新鮮な野菜がたくさん提供される。/有限な地下水を汲み上げているのだから、将来性には?も付くが、それでも「極悪独裁者」が石油の富を投入して「国民の野菜の心配」をしてくれるのは不思議な話ではある。」


10月のカダフィ死去後の2011年10月26日、ブログ主のほいみさんはコメント欄で、「今回の民主化運動による「カダフィ殺人」は仕組まれています。」「暫定政府のボスには欧米にとって都合の良い人物がなるはず。」「リビアはリビア人が望んでいる方向には行かない。」「恐らく当分、リビア旅行は出来ませんね。」と書かれている。「リビア旅行は出来ませんね」といえば、どこかの記事で読んだのだが、フランスとともにリビア壊滅の主導国である米国と英国は、その後自国民に対してともに、よほどのことがないかぎりリビア観光は控えたほうがいい、治安に不安がある、と警告していたようである。こちらのブログ記事を読んでいる間、私の頭のなかでは藤永茂氏のブログ記事「リビア挽歌」の内容が二重写しのようになって甦っていた。双方が核心として感じとっていることに共通点が多いように思うのである。(リビア挽歌(1)リビア挽歌(2))両ブログともにお薦めしたい。
2013.02.04 Mon l 社会・政治一般 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。