QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
昨日(5日)、テレビでニュースを見ていたら、安倍晋三首相が東京ドームのグラウンドでユニフォームを着て審判の役目をしていた。背番号は96だった。今回の国民栄誉賞授与式にこの番号を付けるについては、前もって憲法改正の要件を定めた96条改定の意欲を世間にアピールするためではないかという憶測を呼んでいた。安倍氏本人がそれを知らないはずはないのだから、受賞者である長嶋・松井両氏に敬意と配慮を示す意志があるのなら、そんなものを付けて球場に現れることはできなかったはずだ。二人に対してのみならず東京ドームにつめかけたファンに対しても非礼である。本人は後で「第96代の総理大臣だから96番をつけた」と述べていたようだが、そもそも球界では審判に背番号はあたえられていない。そういうことを許す巨人も巨人である。

それにしても安倍という人はつくづく野球場に似合わない人だ。球場でこの人ひとり完全に浮いていた。その上、挨拶の言葉もヘンだ。観客に向かって「(二人は)文句なしの国民栄誉賞、そう思いませんか?」だって。自分(たち)で決めたんだろうに、そんなことをファンに訊いてどうする。しかも、世の中の景気がどうのこうのと野球とはまるで関係ないことや自分はアンチ巨人だとか誰一人知りたいとも思っていないことをペラペラしゃべっていた。今のところ世間の支持率が高いことで有頂天になってそういう余計なことを言うのだろう。聴いていて不愉快この上ない。許しがたいことに授与式後には、「「国民栄誉賞は第4の矢」とも述べたらしい。公明党でさえ「背番号9(9条)でなくて良かったが、国民みんなが祝う国民栄誉賞に関係する行事で、政治的な意図と受け取られかねないことをするのはいかがなものか」と述べている。そうそういつまでもこの人に都合のいい状況がつづきはしないとは思うが、問題は暗転の時期がいつどのような形でやって来るかということだろう。

一年ほど前だったか、安岡章太郎の「野球のごとく」(1960年)という随筆を読んでいたら、安倍首相の祖父である岸信介のことが下記のように出ていた。

「 渡米した岸首相が、あちらで「自分はスポーツ新聞以外に新聞を読まない」と放言して、こちらの新聞でたたかれたことがあった。/ 現職の首相が公式の旅行先で言うこととして、不用意、不謹慎をきわめた言葉にちがいない。それに新聞の政治面がツマらないのは、そういう岸氏自身にも多いに責任のあることだから、なおさら不都合な態度だといえよう。/ しかし岸氏のあの言葉は、皮肉でも冗談でもなく、腹の底をもっとも正直に打ちあけたものにちがいない。岸氏にとって、くつろいだ気持でページを開けられるのは、自分の名前の出てこないスポーツ紙だけにちがいないからだ。いってみれば、それほど不断の岸氏は普通の新聞を怖れ、自分の不評判を気に病んでいることを告白したようなものだ。/ けれども、それはそれとして、読み物としてスポーツ紙が大層おもしろいことは、たしかである。 」(/は改行箇所)

岸首相の渡米というのは、安保改定を前にした1960年1月の渡米を指しているのだろう。当時安保反対闘争に対して、岸が「国会周辺は騒がしくとも、後楽園球場はいつも通りである。私には「声なき声」が聞こえる」と述べたのは有名だが、米国でスポーツ新聞しか読まないなどの発言をしたとはこの随筆を読んで初めて知った。そういえば、この人は野球好きだったのか、1958年の巨人対国鉄スワローズの開幕戦(巨人の長嶋茂雄選手がプロデビューして金田正一投手に4連続三振を喫したゲーム)や同年の巨人対西鉄ライオンズの日本シリーズ第一戦を観戦している姿が映像に残っている(私は子どものときから長嶋選手のプレイが好きだったせいで今も彼の現役時代のビデオテープをいくつか持っているのだ)。もし「不断の岸氏は普通の新聞を怖れ、自分の不評判を気に病んでいることを告白したようなものだ。」という岸首相に対する安岡章太郎の見方が正しいとすれば、現状の安倍首相も本来なら岸と同等かあるいはそれ以上に「不評判を気に病」む状態であってよいはずではないかと思う。憲法に対して最も忠実であるべき首相の地位にいながら、改憲のハードルを下げるために手続きを変えようとシャーシャーとしていることをはじめとして、この人の政治家、首相としての悪質さ、卑劣さはきわだっている。私たちもああいう人があんなにも好き勝手な行動をとるのをいつまでもただ見ていてはいけない。

追記
フジテレビの朝のワイドショーやスポニチの記事によると、始球式では前もってバッターである長嶋さんに、審判役の首相にバットやボールが当たって怪我をさせると困るので「空振りしてください」と頼んでいたという。長嶋さんも「渋々了承したという」のだが、本番では勝手に打ちにいったのだという。それで捕球した原監督があんなに慌てふためいた様子を見せたのだそうだが、さすがは長嶋…かもしれない。
スポンサーサイト
2013.05.06 Mon l スポーツ l コメント (1) トラックバック (0) l top
谷垣禎一法相は4月26日東京拘置所で2人の死刑を執行した。2月の3人に続く執行であるが、死刑執行に対してまったく躊躇の感じられない谷垣法相の発言や態度をみると、今後も現在の頻度で執行が繰り返される確率が高いように思われる。その理由は、何といってもこの10年余における死刑判決の連発である。71年以降の30余年間では死刑確定数が2桁に達した年は88年(11人)の一回のみ、あとはずっと1桁の数で推移してきたのだが、2004年以降の9年間では1桁の確定数で済んだのは2010年(8人)だけである。具体的には、1971年~2003年までの33年間の合計死刑確定数は139人であった。ところが2004年~2012年の9年間の合計数も同じ139人になるのである。恐ろしいばかりの死刑判決と死刑執行の激増・多発であるが、このことが意味しているものはそう単純なものではないだろうと思う。

一昨日知人からとどいたメールには26日の死刑執行について「…今回は報道がとても小さいような気がします。」と危惧の念が記されていたが、本当にそのとおりで、今回の死刑執行はやる側の法務省が計画どおりなら、それを知らされ受けとめる側の私たちも予想された事態の進行をただ見ているだけという雰囲気にどんより浸かってしまっているように思う。このことは、安倍政権下で進行しつつある憲法改正の動き、軍事国家化、TPP参入決定、経済格差拡大、閣僚や国会議員の靖国参拝問題、領土問題など、最近の国内のきなくさい動向と密接に関連しながら動いているとみて間違いないだろう。

たとえば閣僚や国会議員による靖国参拝について中国や韓国、北朝鮮などの他国から批判・抗議を受けると、安倍晋三首相は国会答弁で植民地支配や侵略について「侵略という定義は学界的にも国際的にも定まっていない。国と国の関係でどちらから見るかで違う」(23日)、「国のために尊い命を落とした英霊に対し、尊崇の念を表するのは当たり前だ。わが閣僚はどんな脅かしにも屈しない」(24日)と述べた。「盗人猛々しい」とはまさにこのことだろう。

侵略とは、ウィキペディアでみると、「国際法上、ある国家・武装勢力が別の国家・武装勢力に対して、自衛ではなく、一方的にその主権・領土や独立を侵すことを意味する」、国連決議の侵略の定義では、「国家による他の国家の主権、領土保全若しくは政治的独立に対する、又は国際連合の憲章と両立しないその他の方法による武力の行使」とある。定義について、その後もさまざまな模索がつづいていることが事実としても、戦前・戦中の日本が朝鮮や中国をはじめとしてアジア諸国に対して行った軍事行動は、「他国の主権、領土、独立」の侵害であることは否定できない事実である。安倍氏は、侵略の定義は定まっておらず、「国と国の関係でどちらから見るかで違う」などと珍説を述べるのなら、過去の日本の行為が「国と国の関係で」自分の目にどのように映っているのかを具体的に明確にすべきだろう。なぜなら、世界では、ましてアジア諸国においては敗戦に至った日本の軍事行動を安倍氏のように侵略と考えない人間は皆無であることは疑いの余地のないことだからである。

「国のために尊い命を落とした英霊に対し、尊崇の念を表するのは当たり前だ。」という考えは日本の極右思想の持ち主にとって普通のことであるらしいのでそう驚きはしないにしても、「わが閣僚はどんな脅かしにも屈しない」という発言は本当に凄まじい。侵略され、数百万の人間が傷つけられ殺された国の人々が加害国に対して侵略の正当化は許さないといえば、安倍氏の頭のなかではその言葉は「脅かし」に転換するらしい。これは一方的な加害者があろうことか被害者になりすまそうとすることに他ならないのだから悪質きわまりない。以前の首相在任当時も感じたことだが、確かに安倍氏にはそういう欺瞞が一貫してまとわりつき陰惨さをかもしだしているように思う。

報道によると、安倍首相は「それ(靖国参拝など日本が戦死者に敬意を払う権利)を削れば関係がうまくいくという考え方は間違いだ」と指摘し、昨今の中韓両国の対日批判には、国内政治上の動機があるとの見方を示唆したそうである。A級戦犯が靖国に合祀されていたことが報道されたのは1979年。その後も鈴木善幸氏をはじめとした首相や閣僚の靖国参拝がつづいていたにもかかわらず、1985年の中曽根首相の公式参拝まで日本政府は中・韓などアジア諸国から批判や抗議を受けたことはなかったというのが安倍氏の上記発言の理由だという。実際に抗議・批判がなかったか否かについていま私は正確なところを知らないのだが、かりにそうであったとしても、それが他国の心証を害することはなかったことの証明になどなるはずがない。自分自身やその肉親が日本の侵略によって心身に深い痛手を負ったり殺されたりした人々が日本の政治家の靖国参拝に強烈な怒りと警戒心を呼び覚まされないはずがないのだ。安倍氏は自らの発言によって自身がいかに身勝手一方の狭隘な考え方しかできない政治家であるかを全世界に証明していることを知るべきだ。

前に戻って、「国のために尊い命を落とした英霊に対し、尊崇の念を表するのは当たり前だ。」という安倍発言だが、「国のために」の「国」とは具体的にいったい何を指すのだろう。この「国」にはたして一般庶民は入っているのだろうか。A級戦犯の一人一人は「国」のために命を落としたのだろうか。たとえば、A級戦犯の代表格たる東条英機という人物も、「国のために尊い命を落とした」のだろうか。しかしこの政治家が正確にどういう人物であったかを見るのはたやすいことであろう。細川護貞著「細川日記(下)」(中公文庫)から1944年10月15日および同16日の東条に関する記述を次に引用する。

「  10月15日
 14日午前9時、吉田茂氏の永田町の邸に行く。此日松野鶴平氏の招きにて、近衛公、鳩山氏、吉田氏等と共に深川に海の猟に行く。風強き為海産組合長佐野某宅にて雑談、帰途吉田邸に公、鳩山氏と立寄り雑談の際、白根宮内次官は東条礼讃を為し居る由鳩山氏語り、一体に宮内省奥向に東条礼讃者あるは、附け届けが極めて巧妙なりし為なりとの話出で、例へば秩父、高松両殿下に自動車を秘かに献上し、枢密顧問官には会毎に食物、衣服等の御土産あり、中に各顧問官夫々のイニシアル入りの万年筆等も交りありたりと。又牧野伯の所には、常に今も尚贈り物ある由。鳩山氏は東条の持てる金は16億円なりと云ひたる所、公は、夫れは支那に於てさう云ひ居れり、主として阿片の密売による利益なりと。共謀者の名前迄あげられたり。余も何かの会合で、10億の政治資金を持てりと聞けり。過日の海軍懇談会の折も、昨今の東条の金遣ひの荒きことを矢牧大佐語られたり。或は多少の誇張もあらんも、多額の金を持参し居るならん。夜金子家を問うての雑談中、故伯の病革る頃、日々100人前の寿司と、おびただしき菓子、薬品等を、東条より届けたりと。鳩山氏は、「斯の如き有様なれば東条復活の危険多し」と云はれたり。

   10月16日
 朝、川崎豊君を訪問、談たまたま東条に及びたるに、彼は昨年中華航空にて現金を輸送せるを憲兵隊に挙げられたるも、直に重役以下釈放となりたることあり、是はその金が東条のものなりしを以てなりとのことにて、以前より里見某なるアヘン密売者が、東条に屡々金品を送りたるを知り居るも、恐らく是ならんと。又東条の附け届けについては、やはり金子伯病気の折のことを語り居れり。 」

44年の10月といえば、一般庶民は誰もかれも深刻な食料・生活必需品・医療品不足に呻吟していた只中である。東条はこの時期に満州で貯め込んだのだろう、10億とか16億などという途方もない額の金を持ち、「秩父、高松両殿下に自動車を秘かに献上し、枢密顧問官には会毎に食物、衣服等の御土産」、「(故牧野伯宅に)日々100人前の寿司と、おびただしき菓子、薬品等」など大盤振る舞いをしていたらしい。「細川日記」に出てくる証言者の顔触れをみると、この人たちの当時の地位と立場から推測して証言はおそらく事実とみてそう間違いはないのではないだろうか。彼ら自身の戦中の行動がどうであったかはさておき。

しかもこれだけではない。太田尚樹の「東条英機」(角川学芸出版2009年)によると、東条は首相在任中その地位を利用して「懲罰召集」を行なっていたのだという。中野正綱が43年1月1日、朝日新聞紙上で東条を批判したところ、中野は即逮捕された。「自白しないと貴様の息子を召集して、激戦地区に送り込むぞ」と、東条の命を受けた四方は部下の大西和夫を通じて恫喝した。東条内閣打倒を触れ回った工学博士松前重義は45歳でフィリピンに二等兵として送られた。ある毎日新聞記者は極度の近眼で召集免除の身だったが、東条の怒りを買ったことで陸軍中央から「指名召集」を受けてフィリピンに送られた、等々。この「懲罰召集」から読みとれることは、東条は自ら指揮して国民を戦士にしたてて戦場に送ることにまったく責任を感じてはいなかったらしいということである。いずれにしてもこの人物が卑劣きわまりない軍人政治家だったことは確かだろう。

「細川日記」には戦時中満州で東条と組んで権勢を誇っていた岸信介に関する記述も見られる。1944年9月4日の項は次のとおりである。

   9月4日
「 井沢多喜男氏、父を訪問され、「岸は在任中、数千万円少し誇大に云へば億を以て数へる金を受けとりたる由、然もその参謀は皆鮎川にて、星野も是に参画しあり。結局此の二人の利益分配がうまく行かぬことが、内閣瓦解のひとつの原因でもあつた。これについてはさすが山千の藤原が自分の処で驚いて話した」と。」

文中の鮎川は鮎川義介、星野は星野直樹のこと。両名とも、当時「満州の実力者」を示す呼称として喧伝された「二き三すけ」の一員である。藤原とは藤原銀次郎という人物のこと。岸信介に関する上の記述内容の信憑性については、「満州の支配層に流通し、日本本土にも流れたといわれる巨額の政治資金をめぐって、岸と東条が特別の絆で結ばれていたという関係者の証言には無視できないものがある(『新版・昭和の妖怪 岸信介』原彰久著)、「戦後、星野は、「岸君は満州に来た当時は一介の官吏だったか、内地に帰るときにはもう立派な政治性を身につけていた。実際、あそこまで手を汚さなくてもよかったのだが」と述懐しているが、岸が何をしたのかをよく知る者の皮肉である。」(『東条英機』太田尚樹著)などをみると、おそらく実態からそう遠くはなかったであろうと私には思われる。A級戦犯のすべての人物が東条や岸なみであったとまでの断言はできないが、いずれにせよ「国のために尊い命を落とした」という安倍発言は許しがたいとともに意味不明である。

追記
記事をアップした後、4月28日に政府主催で執り行われた「主権回復の日」を祝う行事で、安倍首相をはじめとする参加者が「天皇陛下万歳」を叫んだことを知った。この行事については、不快感が強かったためニュースを見なかったのだが、まさかそんなことまでしているとは! 本当に気味が悪い。
2013.05.02 Thu l 社会・政治一般 l コメント (8) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。