QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
横浜ベイスターズが身売りになるかも知れない、新潟に行く可能性も? というニュースが流れている。本当にどなたかの言葉ではないが、「いつまでも あると思うな プロ野球」という気持ちがひしひしとしてくる昨今の野球界である。今、横浜ベイスターズの筆頭株主はTBSだとか。いつの間にやらという感じだが、考えてみると、私自身この3、4年どこの球場にも行っていない。テレビ中継もほとんど見ない。どうもそのような気分になれなかったのだが、ただそう多くはないが(せいぜい二十数回)、横浜球場が一番数多く通った球場でもあり、これは聞いただけで寂しくなる話題であった。熱心なベイスターズファンはどんな心境だろう。さぞ気が気でないことだろう。

天秤打法の近藤和、権藤・権藤・雨・権藤の権藤博投手(注)明治大学からバッテリ-としてそろって入団し、プロでも大活躍した秋山登投手ー土井淳捕手の時代をはるかに経て(ボイヤー、シピンという外国人選手もいたなぁ。)、田代富雄選手や斉藤明夫投手、遠藤一彦投手などが主力として活躍したころの関根潤三監督、近藤貞雄監督の時代。私としてはあの頃の横浜が一番好きだったし、今思い出しても心地よくなつかしい。草野進(蓮實重彦氏のこと。この人は一癖も二癖もある物書きのように感じられ、私も決して好みというわけではない。ただ、「世紀末のプロ野球」(角川文庫)は日本プロ野球に関する文章のなかで3本の指に入る傑作だと思っている。再読、再々読…、読んだ回数はどうも軽く十回は超えていそうだ。長嶋茂雄選手のプレイが好きな私にはなんといっても長嶋評がすばらしく思える。また、(突然話題が変わって恐縮だが)この人が称讃しているというのでその気になって観た映画で幻滅したことは全然ないので、野球にしろ、映画にしろ、鑑賞力における才能・力量については確かなのではなかろうか。)がよく言っていたことだが、この二人の監督は横浜という都会の土地柄、チームカラーによく合った指揮ぶり(よくいえば洗練されている。反面、粘りに欠ける。諦めがよすぎる)を見せてくれたように思う。

「横浜ベイスターズ」はその前身を「大洋ホエールズ」といった。大洋ホエールズは、1960年(昭和35年)、西鉄ライオンズから招いた知将・三原脩の下、最下位から一躍優勝するという離れ業をやってのけた。これはプロ野球史に燦然と輝く伝説の一つだと思うが、今回この売却かも? というニュースを聞いて私が一番最初に思い浮かべたのは、小学生のころの弟が何回も、そのたびに感に耐えぬかのように口にしていた言葉であった。

ある時期、大洋の営業成績が振るわず、ひどい赤字経営であるとか、身売りになるかも知れない、というような話題がしきりにマスコミに出たことがあった。その時、大洋の社長だか会長だかもう忘れてしまったが、そのどちらかが、弟によると、「球団の赤字? そんなもの、鯨を一頭よけいに獲ればすむことだ。なんの問題もない。」と言ったらしい。本当にそのとおり言ったのかどうかは分からないが、弟はそう聞いたのだという。そして、鯨一頭で万事解決! なんと気宇壮大な球団だろう!と、シンから感心し、その話がすっかり気に入ってしまったらしい。その後、何度、弟の口から「大洋ホエールズはすごい!鯨一頭よけいに獲ればそれで球団はつづくんだ。」という言葉が出るのを聞いたか知れない。その口調はいつも断固としていて、信頼と尊敬の念にあふれていた。

ただ、私もそうだが、弟も特にどこかの球団のファンということではないようだった。弟は堀内恒夫投手のファンだったのだ。快速球とボールを投げた後帽子が横っちょに曲がるほどの力投ぶりが、弟にはひどく格好よかったらしい。中学時代野球部に入り投手をやるようになったのは堀内の影響が大いにあったように思う。だからといってそう巨人、巨人というわけではなかったのは私も同じで、どうやら姉弟ともに、選手に惹かれてその所属球団もついでに(?)応援するという感じだったのだが(それがともに巨人だったのは単なる偶然!(笑))、でもその弟が今はもういないので、このようななつかしい話もできないのがとても寂しい。


(注)「権藤・権藤・雨・権藤」と登板過多をファンに同情されたり感嘆されたりした権藤博投手は中日ドラゴンズの選手でしたね。錯覚してしまいました。お詫びして訂正します。
関連記事
スポンサーサイト
2010.10.05 Tue l スポーツ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://yokoita.blog58.fc2.com/tb.php/101-ec275dc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。