QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ネット上に出ている映画『冷たい熱帯魚』の批評や感想文の類を読んでみると、必ずといっていいほど、第二の事件における遺体解体の場面に言及がなされている。主犯男性と風間さんらしき女性は喜々として殺害した二人の男性の解体作業にいそしみ(風間さんは歌まで口ずさんで)、気弱な主人公(事件の共犯者であり、『愛犬家連続殺人』の著者であるY氏)だけはその場の凄惨な光景に怖れおののいて震え上がっているという設定になっているようである。それならば、この場面は志麻永幸著『愛犬家連続殺人』における描写を忠実に採り入れているということになるのだが、では現実の事件の実態はどうだっただろう。

前回、風間さんがこの二件目の事件について法廷で「関根(主犯男性)とYの二人が車内でWさんの頸を紐で絞めて殺すのを目撃した」と、Y氏を名指しで殺人実行犯であると証言していることを紹介した。実はY氏を絶体絶命の窮地に陥れるだけの重みをもった風間さんの証言はこれだけではない。この事件が起きたのは1993年(平成5年)7月21日だが、その3日後の24日、風間さんは身体の診察のためにY氏、関根氏との三人で埼玉医科大学附属病院に行っている。病院からの帰途、風間さんは車の後部座席で横になっていたのだが、そのとき車内で生じた出来事について次のように述べている。

運転中のY氏が隣の関根氏に対し、

「手伝えばくれるといったじゃないか。100万円まだもらっていないよ」

と言い、それを聞いた関根氏はすぐ風間さんに対し、

「おい金もっているか」

と言った。風間さんは自分のハンドバックを関根氏に渡した。ハンドバックには前日か前々日にIという顧客に販売したアラスカン・マラミュートの代金70万円が在中しており、関根氏はそれをY氏に渡した。風間さんはこの時初めて関根氏とY氏の間で、最初のKさん殺害か、あるいは今回のE・Wさん殺害か、いずれの事件に関してかは分からないが、報酬を支払う約束があったことを知った、と述べている。

Y氏は著書に自分を如何にも気の弱い消極的な人物のように描き、検察官もY氏をそのような性格の人物だと述べているが,最初の被害者であるKさん殺害事件に関して、Kさんの行方を関根・Y氏に問い詰める家族(Kさんの妻や兄弟)に対してみせた態度にしても、法廷での各尋問に対する応答ぶりにしても、Y氏の言動は終始一貫、実に挑戦的、攻撃的であって、一般的にいう気弱な面などはまったく見られない。特に早期釈放の約束が破られたという担当検察官に対する憎悪の異様なほどの激しさは前回述べた通りである。そういうY氏が自分にきわめて不利な証言を一貫して述べ続けている風間さんに対して一切攻撃的言動をとらないのは、そしてついには「風間を早く釈放すべきである」とまで言っているのはなぜか。実は風間さんの主張・証言こそが本当のことであって、風間さんは殺人の共謀・実行に何ら関与していないということをY氏が明瞭に知っているからという以外に他の理由が存在する余地があるだろうか。

先ほど、風間さんが埼玉医科大学附属病院に行ったことを述べたが、風間さんは事件の翌日(7月22日)夜頃から、頭痛、吐き気、耳鳴り、咽喉の詰まり等に襲われ、7月23、24日と地元の飯田耳鼻咽喉科に行っている(甲第730号証~733号証)。埼玉医科大学附属病院へ行ったのは、24日、飯田耳鼻咽喉科の医者から紹介状を書くから今日すぐ埼玉医科大学附属病院へ行くように言われたからであった。埼玉医科大学附属病院では医師より「最近すごいショックを受けたとか、心配事とか悩みはなかったか」と聞かれている(甲第734号証~739号証、弁第25号証)。しかし、本件を医師に言うこともできず、右症状が本件による精神的ショックが原因であるとはっきりしたので、薬を貰っただけで、以降は同病院へ行くことをやめた(第一審「弁論要旨」より)。

検察官は風間さんが病院に行ったのは将来殺人罪で逮捕されたときの弁解のためだと主張している。しかし、通院が逮捕された場合の弁解になると考えて体調も悪くないのに病院に二日続けて通う人間がはたしているだろうか。絶対にいないとまでは断言できないにしろ、通院がいったい殺人のどんな弁解の具として使えるのかということもふくめてこれはかなり驚くべき発想であり、行動であろう。また、飯田耳鼻咽喉科といい、埼玉医科大学附属病院といい、専門の医師がそろって患者の病状の訴えが事実か虚偽(仮病)かの判別もつかないということがあるだろうか? それに将来の逮捕に備えての通院というのなら、埼玉医科大学附属病院にも共犯者である二人と一緒に行くようなことはしないだろう。それから風間さん自身は飯田耳鼻咽喉科に行ったのは7月23日のみだと思い、そのように供述していた。24日の通院が判ったのは飯田耳鼻咽喉科のカルテによってであった。

このエントリーの最初に触れた、風間さんが歌を歌いながら喜々として遺体解体作業にいそしんでいたという件だが、これは率直にいうとまったくの作り話としか思えない。アフリカケンネルの顧客などと一緒にY氏もカラオケ店に同行したことがあり、そんなとき風間さんが演歌を歌うことはあったようである。しかし、遺体解体中に歌とは…。風間さんはこれまで殺人どころか犯罪の経験もまったくないのだ。最初のKさん殺害事件では、風間さんは現場にいない。殺害場面も遺体も実際に見てはいないのだ。生まれて初めて無残な遺体を見る女性がどうして、「喜々として遺体解体」などできるのだろう? 奇怪としか言いようがない。

検察もY氏から上のような調書を取ったものの、風間さんの世にも突飛なそのような行動の理由付けに苦慮したのだろう。風間さんが関根氏と結婚する前後の時期、今から10年ほど前、関根氏の周辺のMという人物が姿を消しているのだが、その失踪への風間さんの関与を引き出そうとして警察は昔から関根氏やM氏と親しいある人物を呼んで厳しく取り調べたようである。検察は、風間さんが以前にも関根氏と共に人を殺したり、遺体の解体をやったことがあるので、今回も作業中に鼻歌が出たのだ、それほど彼女は遺体解体に慣れ切っていたのだというような話にもって行きたかったのだろうし、実際そのように主張している。しかしM氏失踪当時の風間さんは20代の若い母親であり、関根氏と知り合ってさして日も経っていないのだ。風間さんは関根氏を磊落な人柄であると思い込み、5歳になる長男にも優しく接してくれていたこと、また風間さん自身ひどく動物好きだったこともあって犬のブリーダーである関根氏との結婚に踏み切ったのだと述べている。そういう心境の女性が新婚早々何のためによく知りもしない無関係の人物を殺す必要や理由があるだろうか。警察で取り調べられた人物も法廷でM氏失踪に関して「風間さんは何も知らなかったと思います。」と証言している。それにも拘わらず、判決文はこの失踪事件にあたかも風間さんが関係しているかのような仄めかしや暗示をしている。殺人の共謀、実行、そして「喜々としての遺体解体」を事実と認定し、死刑を宣告する以上、せめてそうとでも書かなければどうにも辻褄の合わせようがなかったのではないだろうか。

それから第一のKさん事件の後、Kさん失踪に関して初めから関根氏を疑っていたKさんの親族との会合(風間さんは会合が行なわれたこと自体を知らなかったと述べている。もちろん出席もしていない)に際し、風間さんがY氏に前もって「こうするのよ」「ああ言うのよ」と対応の方法を教え、指図するという場面がY氏の著書同様、そして判決文同様、映画にもあるようだが、風間さんがY氏に犯罪やその後始末の手ほどきをするなどまったく笑止千万な話だと思う。これではまるで風間さんは多くの経験を積んだ犯罪のプロのようだが、このような風間さんの姿は、風間さんの日常を知っている知人たちの供述書や法廷におけるどの証言とも完全に相反している。Y氏も判決の基となる調書が出来上がる前、二件目の事件に関する警察の取調べに対し、当初は、「仮に関根からE殺害を持ちかけられても、博子という人間は、間違いなく反対するし、絶対に加担しないと思う。実際、E殺害計画は知らなかっただろう。」と供述していたのだ。自分の刑期を終えた後のY氏は二審の公判廷に証人として出廷した際、風間さんについて「人を殺せる人間かどうか顔を見れば分かるでしょう」とまで述べている。

遺体解体に関するY氏の調書や著書の不自然さと矛盾はこの記事「派手なスパッツ・ラメ入りのサンダル・演歌-証言は真実か?」でも指摘しているので、合わせてお読みいただければ幸いに思う。また、Y氏を「気弱な性格」の人物という検察官の主張の妥当性は、第一の事件における被害者家族・親族に対するY氏の態度をみれば判断できると思うので、この記事「被害者Kさんの肉親による捜索活動と3人の対応」も紹介しておきたい。それから、映画について触れる以上、実際に当の映画を観た方が良いことは分かっているのだが、今体調の関係で映画館の椅子に座り続けることがやや苦痛な状態なので、DVDの発売を待って観る予定でいることを一言おことわりしておきたい。
関連記事
スポンサーサイト
2011.02.10 Thu l 埼玉愛犬家連続殺人事件 l コメント (9) トラックバック (0) l top

コメント

「ブロとも」申請は受け付けられませんが。??
2011.03.25 Fri l ひろもと. URL l 編集
ひろもと様
ひろもとさん

お手数をおかけして申し訳ありません。
24日の昼間記事をアップしたものの、後で文章のヘンな部分に気づいて訂正したのですが、その際よけいなところを触って閲読不能にしてしまったようです。いただいたコメントに気づいたのもつい先ほどで、重ねてお詫びいたします。

2011.03.27 Sun l yokoita. URL l 編集
安心しました。
疲労がボディーブロウのように効いてきて(わたしでさえそうなのだから避難所のひとの苦労も想像はできます)「気」が起って来ません。
雑用しかやってはいないので、情けないかぎりです。
2011.03.28 Mon l ひろもと。. URL l 編集
下敷きについて
唐突ですが
「冷たい熱帯魚」の原作は「共犯者」及びその文庫ではないようです

TBSラジオの番組「ライム・スター宇田丸のウィークエンドシャッフル」の番組内のシネマハスラーという映画評論コーナーが情報ソースです

「冷たい熱帯魚」も評論されたのですが
その翌週の「バウンティ・ハンター」の冒頭で訂正として「共犯者」は原作でなく、脚本は公判記録から執筆したそうだと訂正されていました

このラジオ番組の公式サイトから
この週のシネマハスラーをポッドキャストが配信されているので聴くことが出来ます一度お聞きになることをお勧めします
2011.06.25 Sat l ダダ. URL l 編集
Re: 下敷きについて
 ダダ様
 
「冷たい熱帯魚」についての貴重な情報を教えていただき、ありがとうございます。
TBSラジオの番組「ライム・スター宇田丸のウィークエンドシャッフル」を聴いてみました。
特に、翌週(?)の訂正の部分は何度も繰り返して聴きました。

なかなか活気のあるおもしろい番組のようですね。以下は教えていただいた番組を聴いてみての感想です。率直に書いてみますね。

> 「冷たい熱帯魚」の原作は「共犯者」及びその文庫ではないようです

宇田丸氏は、これまでに「共犯者」を何度も読まれていて、本に思い入れがあったそうですね。それで、映画の論評をする際には、映画の主人公は、著作と職業が違うだけ、「共犯者」の人物像がでんでん氏によって見事に演じられているというような話をなさっていましたね。

ところが、もし「冷たい熱帯魚」の原作が「共犯者」だとしたら、著者に原作料の支払いの問題など出てきますし、いろんな意味で「共犯者」を映画の原作であると公に断定することはマズイ!とご本人が思われたか、あるいは誰かに注意されるなどということがあったのかも知れないと思いました。

というのは、実在の「共犯者」Y氏は、一人分離裁判でしたし、取調べでの調書はあの本とほぼ同じ内容のもの
ですが、公判では検察に対して腹を立てていたらしく、ほとんど何も話していないのです。ただ主犯男性の妻については、殺人に関与していることはないとこれだけは明確にそして一貫して述べています。

もっとも私はまだ映画を観ていなくて、宇田丸氏のお話についての私の判断には誤りがあるかも知れません。8月にDVDが発売されるそうですから、観る予定でいます。
2011.06.28 Tue l yokoita. URL l 編集
下敷きか否か
その後、お変わりありませんか。貴吉本批判にコメントをつけたのですが、届いていますでしょうか。
「冷たい熱帯魚」が「共犯者」(文庫では「愛犬家連続殺人」)(志摩永幸著)を下敷きにしているのは明らかです。これは断言できます。
2011.08.15 Mon l 萩原俊治. URL l 編集
萩原俊治様
コメントをこちらにもいただき、ありがとうございます。前回、吉本隆明の記事にいただいた拍手コメントは拝見いたしました。遅くなって14日に返信を書いたのですが、読めませんでしょうか? もしかするとまた何かのトラブルで読めなくなっているのかとも思います。インターネットの機能に疎いもので、いろいろお気遣いいただくことになって、申し訳ありません。
念のため、14日に書いた返信コメントを以下にコピーいたします。

「コメントありがとうございます。久しぶりに直筆(?)を拝見できてとても嬉しかったです。上野千鶴子と吉本隆明について書かれた萩原様の文章は一年程前に拝見しています。昔なら二人の発言を知って驚いたかと思いますが、もうそういう気持ちにはなれず、「さもありなん」という気持ちで読ませていただきました。吉本隆明は(上野千鶴子も)まとまったものは読んでいませんが、たまに目に入ってくる文章をみると(80年以降のことです)、重大な問題について形式的に片付けてしまっているように思え、違和感をおぼえないことはあまりなかったような気がします。鮎川氏について、吉本隆明は、「僕の考え方を理解できない人や、ついていけなかった人々は、『マス・イメージ論』や『ハイ・イメージ論』を批判し始めました。僕のとても親しくしていた方や、いろいろ恩恵を受けた先輩方、鮎川信夫さんや内村剛介さんなどです。」(わが転向)と書いています。「相手が自分についていけなかった」と決めつけていますが、そういうところに何か本質的な傲慢さがあるような気もします。「関心が重なり合うところが多い」という点ですが、いつかブログで拝見できればと思います。」

以上でした。吉本隆明の本をまとめて2冊読んで、闘争・攻撃精神が旺盛なのには驚きました。大岡昇平の論争癖も有名ですが、内容的には吉本隆明のほうがはるかにキツイように思います。反核名署名のことで吉本隆明が批判をしたということは知っていましたが、まさかあんなに本格的なものとは思っていませんでした。

「冷たい熱帯魚」はそろそろDVDが発売になるころです。観ましたら、何らかの感想を記事にするつもりです。ちょっと気が重いのですが。

また、ブログの再開楽しみにお待ちしています。
2011.08.16 Tue l yokoita. URL l 編集
コメントいまだ読めず
 吉本隆明論へのコメントは相変わらず読めません。こういう文明の利器はむつかしいですね。もう、あきらめましょうか(笑)。
 私は鮎川信夫はとても、内村剛介は少し好きなので、彼らが吉本と仲が好いのを変に思っていました。吉本の「わが転向」は持っていますが、持っているだけです。少し読んで読めなくなりました。横板さんは何でもちゃんと読まれるので、それができない私は恥じ入ります。
 学生の頃、私は吉本の詩が好きで吉本の読者になったのですが、彼は徹底的なロマン主義者ですね。石原慎太郎と同じです。石原もロマン主義的な小説を書かせるとたいしたものです。私は石原が最近書いた短編集(鮫に食われる少年の話などが入っている短編集、題名失念)を愛読していました。彼は政治家になるべきではなかった人間です。島尾敏雄は吉本に好かれていたのですが、島尾の困った顔が目に浮かびます。石原も島尾のような人間が好きになると思います。島尾はロマン主義者に好まれる非ロマン主義者ですね。
 好き勝手なことを書いてごめんなさい。お元気で。
2011.08.16 Tue l 萩原俊治. URL l 編集
萩原俊治様
返信が遅れに遅れてしまい、申し訳ありません。
でも最近の菅さんに関するブログ記事はちゃんと拝見しています。(笑)

拍手コメントを「読めない」理由ですが、fc2に問い合わせたところ、管理状態が「公開する」に設定されていたそうです。そのように設定を変更した記憶はないのですが、そのために、返信コメントを読む場合はもう一度同じ拍手コメントをクリックすると読めるとのことでした。以前のように「拍手コメントを公開しない」に戻しましたので、次からは大丈夫だと思いますが、ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

文学作品の真価を考えたり、評価をするときに、「真・善・美」ということばを思い浮かべることがありますが、石原慎太郎の場合はもしかすると、「美」という点である評価ができるのでしょうか。

島尾敏雄は私も好きです。振り返ってみると、すべてを読んでいるとは思いませんが、掌編といわれるようなとても短いものから長編まで、ただの一つもつまらない作品、駄作というような作品はなかったように思います。まだまだ書いてほしかったし、書ける人だったにちがいなかったと思います。たしか69歳での逝去だったと思いますが、新聞で知ってショックを受けたことを覚えています。

吉本隆明は、大江健三郎がノーベル賞をもらった時、「現状では妥当だが、島尾さんが存命だったら、島尾さんが一番相応しかった。」と述べているのを読んだことがあります。大岡昇平や埴谷雄高の名などは出てませんでした。(笑)
2011.09.01 Thu l yokoita. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://yokoita.blog58.fc2.com/tb.php/126-2f545b5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。