QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
砂川事件の第一審判決(伊達判決)を破棄して地裁に差戻した最高裁判決が出たのは1959年12月16日であった。この判決に関連して、先日(4月8日)、当時の最高裁長官・田中耕太郎氏が判決前に駐日米公使ウィリアム・レンハート公使らと密談し、「判決はおそらく12月」「判決を急ぐため争点を法的問題に閉じ込める」「判決は世論を揺さぶる原因になる少数意見を回避できるよう願っている」などと述べていたことが米公文書で明らかになったと報じられた。朝日新聞によると、この公文書は「1959年8月3日、11月5日、12月17日付の計3通。日米安保条約の改定を控え、両国政府が反対世論の動向を注視していた時期で、すべて駐日米大使のダグラス・マッカーサー2世が、本国の国務長官へ宛てた公電だった。」という。8月3日付の公電は、「上告審の公判日程が決まる3日前の7月31日に、田中長官が当時の米首席公使と「共通の友人宅」でかわしたやりとりとされる。」とのことである。

米公使との密会が7月31日だったとすると、これはどこかの新聞が指摘していたことだが、公判日程が発表されたのは8月3日だったのだから、田中長官は肝心の被告・弁護側に通達するより先にこっそり米国に公判日程を教えていたことになり、これは司法の長である田中氏が一方ではどんな米国追従一辺倒の保守政治家も顔負けの一反動政治家であったことを意味しているだろう。多分、司法の独立なんてことは場合による、程度にしか考えていなかったのだ。

田中氏が最高裁長官に任命されたのは1950年3月だが、石母田正氏によると、このとき朝日新聞は当時としても異例の号外を出したということである。田中氏は1946年5月から 1947年1月までは貴族院議員で文部大臣、1947年4月から最高裁長官に就任するまでの3年間は参議院議員を務めている。長官職を退いたのは61年10月なので、約11年という長きにわたる最高裁長官生活だったことになる。この経歴を見てもおおよそ分かることだが、おそらく戦後の最高裁判事でこの人ほど著名な人物は他にいないのではないだろうか。

伊達判決を却下する意図のもとで田中氏が米公使と密談したのは上記のように1959年7月31日ということのようだが、松川事件の最高裁判決が言い渡されたのは、その日から一週間後の8月7日であった。この事件については周知のように最高裁は原判決を破棄して仙台高裁に差戻し、事件発生以来10年を経てようやく20人の被告人に無罪判決への道が開かれたたわけだが、このときの採決は7対5のかろうじての差戻し判決であった。田中氏はもちろん被告側の上告を棄却し、4人の死刑を含む17名(原判決において20名の被告人のうち3名については列車転覆の謀議が開かれたという時日のアリバイが証明されて無罪判決が言い渡されていた)の被告人全員の有罪判決を確定する少数派に与した。

田中氏は55年最高裁長官に就任した年の長官訓示のなかで廣津和郎が月刊誌『中央公論』で展開していた松川裁判批判を「雑音」の一言で片付けた人物であり、判決前からこの人が上告棄却を主張することは目に見えていたといってよいだろう。「雑音」訓示が行なわれた当時、それを受けて廣津和郎が述べたところによると、戦後間もなく岩波書店の『世界』創刊にあたって作家や批評家を含めた識者の会合が開かれ、廣津和郎も招ばれた。その席で廣津が「これからは政治についても気づいたことがあったら発言していきたい」旨の発言をしたところ、同席していた田中耕太郎は「あなたが政治を? 政治は私たちがやりますよ。」と言ったそうである。田中長官の「雑音」訓示について聞かされたとき、廣津和郎はとっさに『世界』会合における田中氏のその言葉が思い出されたと述べていたが、松川事件の最高裁判決において田中氏が書いた少数意見は案の定多数意見を痛烈に批判し、原判決の確定を強硬に主張するものであった。

いわく「多数意見は、法技術にとらわれ、事案の全貌と真相を見失っている。」「多数意見は木を見て森を見ていない」「事件の全貌と真相は「雲の下」に深く隠されていて、多数意見の主が見ているものは、事案全体から見れば巨大な山脈の雲表に現れた嶺にすぎない。それらを連絡する他の部分は雲下に隠されているのだから、単なる嶺である「諏訪メモ」の出現など問題にする必要はない」などというものであった。あげくの果てには、「もし多数意見者が、被告たちをこの犯罪の実行者でないと考えているのなら、原判決を破棄して、無罪の判決をくだすべきであり、「差し戻し」などという中立を装った中途半端な判定をくだすのは誤りである」などとも主張している。「諏訪メモ」は一・二審ともに死刑を言い渡された一被告人のアリバイを証明する重要な証拠であった。これを取るに足らぬ「問題にする必要はない」些細なことだというのであれば、裁判は権力者があらかじめ決定した結論に到達するための単なる儀式でよいのだと宣言したも同然であり、この発言が許されるようなことになったら、裁判は裁かれる側にとっては何の救いもない暗黒裁判そのものであるとしかいいようがない。

このように、1959年は砂川事件、松川事件という重大事件の判決において田中長官が反動勢力の最前線に立って獅子奮迅の活躍をした年ということになるだろう。砂川事件で駐日米公使らと密会したこと、そしてその折りの発言内容を知らされると、あるいは松川事件においても田中長官は同様の動きをしたのではないかと疑ってみないではいられない。松川事件はいまだ誰が何の目的で列車を転覆させて三名の乗務員を死に至らしめたのか、また誰でも自分の目で事実に即して常識的に事件を追ってみさえすれば被告人たちの無実を認めないわけにはいかないであろう20人の人々を列車転覆の犯人に仕立て上げようとした画策した理由は何なのか、一切明らかになっていないのである。

松川裁判における田中耕太郎氏の少数意見に対しては、こちらのエントリーで、廣津和郎、大岡昇平、石母田正という三人の人物による反論・批判を載せている。いずれも示唆するところの大変多い文章だと思うので、関心のある方はぜひ一読していただければと思う。
関連記事
スポンサーサイト
2013.04.14 Sun l 裁判 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014.04.16 Wed l . l 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016.04.22 Fri l . l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://yokoita.blog58.fc2.com/tb.php/241-de1801b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。