QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
昨日(5日)、テレビでニュースを見ていたら、安倍晋三首相が東京ドームのグラウンドでユニフォームを着て審判の役目をしていた。背番号は96だった。今回の国民栄誉賞授与式にこの番号を付けるについては、前もって憲法改正の要件を定めた96条改定の意欲を世間にアピールするためではないかという憶測を呼んでいた。安倍氏本人がそれを知らないはずはないのだから、受賞者である長嶋・松井両氏に敬意と配慮を示す意志があるのなら、そんなものを付けて球場に現れることはできなかったはずだ。二人に対してのみならず東京ドームにつめかけたファンに対しても非礼である。本人は後で「第96代の総理大臣だから96番をつけた」と述べていたようだが、そもそも球界では審判に背番号はあたえられていない。そういうことを許す巨人も巨人である。

それにしても安倍という人はつくづく野球場に似合わない人だ。球場でこの人ひとり完全に浮いていた。その上、挨拶の言葉もヘンだ。観客に向かって「(二人は)文句なしの国民栄誉賞、そう思いませんか?」だって。自分(たち)で決めたんだろうに、そんなことをファンに訊いてどうする。しかも、世の中の景気がどうのこうのと野球とはまるで関係ないことや自分はアンチ巨人だとか誰一人知りたいとも思っていないことをペラペラしゃべっていた。今のところ世間の支持率が高いことで有頂天になってそういう余計なことを言うのだろう。聴いていて不愉快この上ない。許しがたいことに授与式後には、「「国民栄誉賞は第4の矢」とも述べたらしい。公明党でさえ「背番号9(9条)でなくて良かったが、国民みんなが祝う国民栄誉賞に関係する行事で、政治的な意図と受け取られかねないことをするのはいかがなものか」と述べている。そうそういつまでもこの人に都合のいい状況がつづきはしないとは思うが、問題は暗転の時期がいつどのような形でやって来るかということだろう。

一年ほど前だったか、安岡章太郎の「野球のごとく」(1960年)という随筆を読んでいたら、安倍首相の祖父である岸信介のことが下記のように出ていた。

「 渡米した岸首相が、あちらで「自分はスポーツ新聞以外に新聞を読まない」と放言して、こちらの新聞でたたかれたことがあった。/ 現職の首相が公式の旅行先で言うこととして、不用意、不謹慎をきわめた言葉にちがいない。それに新聞の政治面がツマらないのは、そういう岸氏自身にも多いに責任のあることだから、なおさら不都合な態度だといえよう。/ しかし岸氏のあの言葉は、皮肉でも冗談でもなく、腹の底をもっとも正直に打ちあけたものにちがいない。岸氏にとって、くつろいだ気持でページを開けられるのは、自分の名前の出てこないスポーツ紙だけにちがいないからだ。いってみれば、それほど不断の岸氏は普通の新聞を怖れ、自分の不評判を気に病んでいることを告白したようなものだ。/ けれども、それはそれとして、読み物としてスポーツ紙が大層おもしろいことは、たしかである。 」(/は改行箇所)

岸首相の渡米というのは、安保改定を前にした1960年1月の渡米を指しているのだろう。当時安保反対闘争に対して、岸が「国会周辺は騒がしくとも、後楽園球場はいつも通りである。私には「声なき声」が聞こえる」と述べたのは有名だが、米国でスポーツ新聞しか読まないなどの発言をしたとはこの随筆を読んで初めて知った。そういえば、この人は野球好きだったのか、1958年の巨人対国鉄スワローズの開幕戦(巨人の長嶋茂雄選手がプロデビューして金田正一投手に4連続三振を喫したゲーム)や同年の巨人対西鉄ライオンズの日本シリーズ第一戦を観戦している姿が映像に残っている(私は子どものときから長嶋選手のプレイが好きだったせいで今も彼の現役時代のビデオテープをいくつか持っているのだ)。もし「不断の岸氏は普通の新聞を怖れ、自分の不評判を気に病んでいることを告白したようなものだ。」という岸首相に対する安岡章太郎の見方が正しいとすれば、現状の安倍首相も本来なら岸と同等かあるいはそれ以上に「不評判を気に病」む状態であってよいはずではないかと思う。憲法に対して最も忠実であるべき首相の地位にいながら、改憲のハードルを下げるために手続きを変えようとシャーシャーとしていることをはじめとして、この人の政治家、首相としての悪質さ、卑劣さはきわだっている。私たちもああいう人があんなにも好き勝手な行動をとるのをいつまでもただ見ていてはいけない。

追記
フジテレビの朝のワイドショーやスポニチの記事によると、始球式では前もってバッターである長嶋さんに、審判役の首相にバットやボールが当たって怪我をさせると困るので「空振りしてください」と頼んでいたという。長嶋さんも「渋々了承したという」のだが、本番では勝手に打ちにいったのだという。それで捕球した原監督があんなに慌てふためいた様子を見せたのだそうだが、さすがは長嶋…かもしれない。
関連記事
スポンサーサイト
2013.05.06 Mon l スポーツ l コメント (1) トラックバック (0) l top

コメント

No title
>現状の安倍首相も本来なら岸と同等かそれ以上に「不評判を気に病」む状態であってよいはずではないかと思う。

残念ながら、現在の大手新聞社の紙面に、アベが「気に病む」様な内容の記事が載る事は、極めて少ないでしょう。
それどころか、毎朝、大手一般紙の提灯記事を眼にしながら、アベは悦に入っているかもしれません。
メディアのトップが、アベとの「会食」という名の「謁見」をこぞって求める時代ですから。
岸の時代とは、隔世の感があります。

それにしても、背番号96とは!(腸が煮えくり返る思いです)
この悪質で程度の低い悪ふざけをまともに批判する記事は、一体どの程度あるのやら。
2013.05.06 Mon l やす. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://yokoita.blog58.fc2.com/tb.php/243-607ddd5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。