QLOOKアクセス解析
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
この文章はコメント欄の返信として書き始めたのですが、長文になってしまったことに加えて前々から問題意識を持っていた内容でもありますので、こちらにエントリーとしてアップすることにしました。


やすさん、ゴログのご紹介ありがとうございます。檜原転石さんのブログでも同じものを紹介しておられましたね。(檜原さんには大分前にコメントをいただきながら、返信が遅れてしまっていてすみません。風間さんの事件にも関心を寄せていただいているようで、うれしいです。) じつは私は大道寺将司さんと外部とを繋ぐ隔月の交流誌「キタコブシ」を講読しているんですよ。もう10年余になります。ですから、今回の「一行詩大賞」受賞に関して拘置所側が何を危惧してか主催者側との連絡妨害行動をとっていたことも知ってはいました。大道寺さんの俳句はいつもまず「キタコブシ」に掲載されますが、私はズブの素人ながらも読みながらしばしじっと見入ってしまうことがよくあります。優れた詩句が持っている力なのでしょうね。今は病舎に入られていますが、気力は衰えず、健康なときと同じペースで執筆もされています。ただ時事的な問題では、もちろん教わることも多いのですが、特に最近は戸惑うことも増えています。ちょうどそういうことをつらつら考えているときにやすさんからコメントをいただいたわけでした。コメント内容からはかなり飛躍する話になってしまい恐縮ですが、この際、どのような文章に私が戸惑ってしまうかについて少し書いてみます。

○ リビアのカダフィが死んだとか。下水道の土管の中に隠れていたようですが、独裁者の最期とはそんなものでしょう。早速、オバマは歓迎のコメントを発しましたが、ではパレスチナは、シリアはと質したい。
○ 今朝の朝日新聞に「逃亡逮捕射殺に病死」という川柳が載っていました。独裁者の末路です。
○ 北朝鮮のミサイルは失敗とか。米・中・露などの大国だけが核やミサイルを保持、使用できるのはおかしいという北朝鮮の主張は頷けるけれど、そんなものに大金を注ぎ込むよりも民衆が腹一杯食べられる社会にすることこそが大事なんじゃないですか。最高指導者だという若者だけがぽっこりと肥満して、民衆は枯枝のように痩せているのに「人民共和国」はないと思います。

「最高指導者だという若者だけが……」という記述については、在日朝鮮人という読者から批判的内容の文章が寄稿されました。「確かに、指摘されていることに間違いはありません。誰もがそう思っているでしょう。でも、北朝鮮=悪のイメージまたは嘲笑というような文章が見過ごせません。…そのようなつもりで書かれたのではないとは理解していますが、どうしてもその文章が私の差別されてきたアンテナのようなものにひっかかって仕方がありません。私の友人や知人が北朝鮮を何度も訪れており、5月にも訪朝してきました。その人たちに何度も正直な感想を求めました。…なによりも、北朝鮮のひとたちは普通に暮しているということです。ピョンヤンでは、恋人同士が楽しそうに歩いていたり、田舎ではお百姓さんたちが休憩時に唄を歌い踊っていたりと、外部からの遮断ゆえにその限られた中で普通の風景があったということです。日本では、若者も年寄りもワーキングファーで、働けども食べていけない現状があります。食物や物は溢れていても、自殺者が年間3万人を越えるのはどうしてなのでしょうか。果たして、どちらが幸福といえるでしょう。」という指摘に対して、

○ ……さんに不快な思いをさせたことをお詫びします。ぼくが北朝鮮の民衆が「枯れ枝のように痩せている」と感じたのはアジアプレスの写真を見たからで、メディアの報道を鵜呑みにしたわけではありません。……ぼくは体制を支持するのと民衆を支持するのとは別だと思うんです。食料不足だったり、物乞いをする子どもたちがいるという現実から目を逸らせてはいけないと思い、敢えて毒気のある書き方をしました。

「北朝鮮のミサイル」との記述に対しても「ちと驚きました」という指摘が国外在住の読者からありましたが、私も北朝鮮が米韓日の合同軍事演習から受けている絶えざる圧迫を無視していることやカダフィの死亡についての記述は公平な見方ではないように思う、という趣旨の投稿をしました。直近では、

○ 改憲や秘密保護法についてのアベシンゾウをはじめ政府、与党の底の浅い言説に接すると、反天皇派のぼくでも現在の天皇、皇后の認識(彼らは政治にかかわる発言はしないようにしているが)の方が至極まっとうなものに思えます。

と書かれていました。このようなことは大多数の人が思っていることなのかもしれないし、また間違っているとも言えないとは思うのですが、かつて「反日」を名乗り、「虹作戦」なるものを計画した人にしては、受け止め方が単純に過ぎるような気がして違和感を禁じえませんでした。獄中という閉ざされた環境下での情報の不足・偏りを考えなければいけないとも思いますが、あの計画の着想やその後の行動を当事者として否定しているときいた記憶がないだけに、ではあれらはいったい何だったの? と怪訝な思いもするのです。獄中にいる人を含めた周囲の人に対する配慮がよく行き届いた人であることも含めて、真摯な姿勢に常々敬意をもっているのですが、上に書いたようなことはどうしてもうまく理解できないでいます。
関連記事
スポンサーサイト
2013.11.21 Thu l 社会・政治一般 l コメント (6) トラックバック (0) l top

コメント

冤罪死刑囚・風間博子さんについて  
こんちは。
一応、風間博子さんについて書いてみました。間違いがあったら指摘して下さい。
▼冤罪死刑囚・風間博子さんについて  ①
http://blogs.yahoo.co.jp/henatyokokakumei/38604053.html

▼冤罪死刑囚・風間博子さんについて  ②
http://blogs.yahoo.co.jp/henatyokokakumei/38604971.html
2013.11.25 Mon l 檜原転石. URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.11.30 Sat l . l 編集
Re: 死体解体時の演歌の話
檜原さん、コメントありがとうございます。

深笛義也『女性死刑囚  十三人の黒い履歴書』(鹿砦社、2011年)は先月増刷が決定したそうです。割合読まれているということですね。深笛氏のこの本は、タイトルのとおり『女性死刑囚」に焦点をあてて書かれていますが、一つ一つの事件を追っているうちに、風間さんの死刑判決に対して疑問を感じられたようです。さて

「山崎自身が法廷で「博子さんは無実だと思います」と証言し、演歌の話も否定している。」
>  上記、山崎は公判で演歌の口ずさみを否定したとありますが、本当でしょうか?

という点ですが、山崎氏は法廷で、風間さんの(殺人に関する)無実を明確に、しかも積極的に証言していますが、それを聞いた風間さんの弁護人が具体的に追求していくと、とぼけたり、「本人がそう言ってるんだから、そうでしょう」という曖昧な答弁に終始して、なおも執拗に迫ると、弁護人に対する悪態をついたりして話をそらします。そんなわけで、私が把握している範囲では、演歌を口ずさんだという点を明確に否定した山崎証言に接したことはなかったです。

檜原さんにご迷惑でなければ、一審の検察論告書、弁護人弁論要旨、判決文(つまり確定判決文)をメールに添付・送信しますが、いかがでしょう? このコメント欄の「管理人のみ閲覧」(?)にチェックを入れた上で、メールアドレスを教えていただければ、早速お送りします。

死刑が確定する前のことですが、風間さんに上記裁判資料をネットにアップしたらどうか、と提案したことがあります。風間さんの反応は決して全面否定というわけではなかったのですが、ただ裁判官の事実に対する歪曲、捏造の仕方が上手なので、読者の多くがそれを真に受ける、ごまかされる恐れがあるのではないかと心配し躊躇していました。
でも裁判に真摯な関心を持ってくださる人にはぜひ読んでいただきたい、真相を知っていただきたいと思っていることは間違いありません。
2013.12.02 Mon l yokoita. URL l 編集
No title
私は、大道寺政司氏、及び反日武装戦線、又は、赤軍派といった所謂「極左」とされる人達の思想、主張に関して、詳しく知るところではありません。
ある「護憲派女性ブロガー」から,「極左」「セクト主義者」のレッテルを貼られたことはありますが。(苦笑)
ですので、yokoitaさんの呈された疑問にお応えできる術もないのですが、一つだけはっきりと言える事は、この十年、とりわけ東日本大震災以降の急速な右傾化の流れは、保守派、無党派だけではなく、リベラル層から日本共産党支持者、更には「極左」と呼ばれる人達までもすっぽりと呑み込んでいる、という事です。
その「流れ」の中で、左派勢力の雪崩を打ったような「転向」が始まっている、と感じています。
それは、「右も左も無い」運動に、或いは、山本太郎が引き起こした「園遊会事件」に象徴されるような「天皇」に対するある種のシンパシーに、或いは、リビア、シリア、最近では(ネオナチの旗「三本指」がこれ見よがしに振られている)ウクライナの「反政府勢力」に対する無垢なる支持に見て取れます。
それらが、単なる無知や非論理思考といった「知的退行」のみに起因しているとは思えません。
ある種の「防衛本能」として、強者への依存願望、多数派への同調志向が、強化されているのではないでしょうか。
更に、イデオロギー政党からポピュリズム政党へと変貌しつつある日本共産党の問題も、指摘せざるを得ません。
2013.12.15 Sun l やす. URL l 編集
No title
連投で失礼いたします。

数年前から言われ始めていましたが、最近、特に「秘密保護法」に絡めて、「このままでは日本は北朝鮮や中国みたいになる」といった言説が左派内で頻りに主張されています。
アベシンゾウ等、極右政治家共が目指しているのは、戦前、戦中の大日本帝国の復活であり、21世紀に於ける「ネオ天皇制軍国主義国家」の完成です。
北朝鮮も中国も例として挙げるには、ピンと外れもいい所でしょう。
彼等は、「独裁国家」と「全体主義(ファシズム)国家」を混同しているようです。
(こういった場合に彼等は、911以降、ファシズムが進行しているアメリカを例としてあげる事は、まずありません。)
(稚拙で情緒的な)左派の中国、北朝鮮憎悪は、いずれ右翼排外主義者とも結びつき、「右も左もない」共通したシングルイシューとして、「反中国・北朝鮮挙国一致体制」を生み出す要因となるのではないか、と危惧しております。

2013.12.15 Sun l やす. URL l 編集
外へ出て空気を吸った方が良いです
理論立てているつもりなのでしょうが、論法に根拠が飛躍し過ぎていて、病的な印象を受けます。 大丈夫ですか?

1.「秘密保護法」に絡め て、「このままでは日本は北朝鮮や中国みたいになる」

「特定」秘密保護法は民主党が検討を開始した物で、中国漁船と自衛隊哨戒船との接触事件の動画を隊員が故意に漏洩し、中国との緊張を高めたが、漏洩を罰する法が甘かったので、安全保障を脅かす漏洩に対する罰則を厳格化したのが目的です。 文句は民主党にいってください。 「このままでは中国や北朝鮮のようになる」の意味が理解出来ません。 秘密保護法は言論統制とは異なりますが?

2.アベシンゾウ等、極右政治家共が目指しているのは、戦前、戦中の大日本 帝国の復活であり、21世紀に於ける「ネオ天皇制軍国主義国家」の完成

「ネオ天皇制軍国主義国家」って漫画の読み過ぎでは?w
そもそも天皇家自身が政に興味が無いのに、周りが騒いでどうなるんですか? 愛子様に軍服着せるんですか? 

3.「独裁主義」と「全体主義」を混同している(以下略)

誰も混同なんてしてないと思いますよ。 中国や北朝鮮の「全体ファシズム主義」、「共産主義」が崩壊して、今残っているのは「拝金主義」とそれを維持したい共産党による「独裁維持の為の情報操作と統制」です。

国連の人権調査委員による「極一部の権力者による弱者への迫害と虐殺」との報告や、中国政府自身の発表による「CPIの悪化」により、既に「全体主義、共産主義」が死に体なのは明確であり、かつ連日取り沙汰されている両国の情報統制(中国の大学の調査結果「中国の人口10%が60%の富を占有している」が削除されるなど)からは一党支配(独裁)を維持する為の情報操作が活発に行われているのは誰もが知っている事です。かような国と日本を比べる貴殿の目には、果たして現実が写っているのでしょうか?日本は遥かに平和ですよ。 平和ボケしてませんか?

20世紀前半と政治プロセス、経済、世界情勢が異なってる現状において「ネオ天皇制軍国主義」なんて思いつくのは 日本の右翼でなく、妄想癖を持った夢想家と韓国、中国のプロパガンダだけです。

日本に課題が多いのは事実です。 が、しかし中国の5分の一も軍事費を使っていない日本を「軍国主義」って・・・  外へ出て世界を見なさい。 アナタが今見ているのは自身の暗い心が見せている現実逃避の幻想と暗い願望です。それでどうやって世の中を良くするつもりですか? はなはだ疑問です・・・
2014.02.28 Fri l しん. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://yokoita.blog58.fc2.com/tb.php/257-d166b553
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。